Mautic REST APIを有効化する

MauticのデータをMautic外で扱いたい時、Mauticが持つREST APIをコールすることができます。
このMautic REST APIはデフォルトでは無効化されていますので、管理画面から有効化しましょう。

管理画面にアクセス

mautic
管理画面にログインした後、画面右上にある歯車ボタンをクリックします。

このボタンをクリックすると、Mauticの設定に関するパネルが開きますので、

開かれたパネルの中から「Configuration」をクリックしましょう。

mautic

API Settingsへ移動し、有効化する

「Configuration」ではAPIだけでなく、管理画面の言語設定やメールに関する設定なども行うことができます。

画面左側にサブメニューが表示されていますので、この中から「API Settings」をクリックしましょう。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-26-18-31-35

「API enabled?」という項目がありますので、ここをYESに切り替えれて保存すればOKです。

設定が完了している場合は、以下の画像のように右側のメニューに「API Credentials」という項目が追加されています。

mautic

ドキュメントなど

これでMautic REST APIの利用準備ができました。

Mautic REST APIの利用方法等については、公式の開発ドキュメントをご確認ください。

https://developer.mautic.org/#rest-api

このブログでも随時使い方について紹介してまいります。