Mautic1.4.1をぶっ飛ばしたときの復旧メモ

思いっきりやらかしたので、反省を込めて覚書。いわゆるところの始末書的な意味もこめて。

やらかしたこと

せっかくAWS使ってるのに、スナップショットを取らずにMauticをアップデートを実行した。
その結果アップデートに失敗してMauticにログインできなくなった。

根本的な問題

アップデートの様な大きな変更を入れる時は必ずスナップショットを作成する。

復旧までの覚書

やらかした先人はすでにいたので参考にする。
Uh Oh, Mautic upgrade was not successful

ファイルの退避

ソースコードを新しくとってくるので、既存のファイルを一時的に移動させる。

$ sudo mkdir /tmp/html.bk
$ sudo mv /var/www/html/* /tmp/html.bk/

Mauticコアの再取得

Mauticのコアファイルを新しくとってきます。
調子に乗ってここで最新バージョンをとってくるのではなく、おとなしくアップデート前のものをとってきましょう。復旧させるのが第一です。

$ sudo su -
# cd /var/www/html
# wget https://github.com/mautic/mautic/archive/1.4.1.zip
# unzip 1.4.1.zip
# mv mautic-1.4.1/* ./
# rm -f 1.4.1.zip
# rm -rf mautic-1.4.1

設定ファイル及び各種ファイルの復旧

もとのMauticの情報やファイルを利用できるように各ファイルを移動させます。
万が一に備えてmvではなくcpを使用します。

# cp /tmp/html.bk/app/config/local.php /var/www/html/app/config
# \cp -Rf /tmp/html.bk/media/* /var/www/html/media/
# \cp -Rf /tmp/html.bk/themes/* /var/www/html/themes/
# \cp -Rf /tmp/html.bk/plugins/* /var/www/html/plugins/

composer install

Mauticで利用するライブラリはComposerで管理されていますので、インストールします。

# cd /var/www/html
# composer install

パーミッションの復旧

ここまでrootで作業してるので、権限をapacheに戻しましょう。

# chown -R apache:apache /var/www/html
# chmod -R 775 /var/www/html/app/cache
# chmod -R 775 /var/www/html/app/logs
# chmod -R 775 /var/www/html/app/config
# exit

表示確認

ここまでやればサイトの表示は復旧している(はず)です。
今度はちゃんとスナップショットなどのバックアップを作成した上でアップデートを実施しましょう。

最後に

この記事を最後まで読む必要があった人は、とりあえず今すぐスナップショット作っておきましょう。
そうすれば少なくとも復旧したこのタイミングまでは簡単にロールバックができるようになります。

Mautic1.4.1から2.x系にアップデートする

Mauticを触っていると、以下の様なコマンドがあったり、管理画面で「Mauticアップデートしませんか?」という案内と共にアップデートボタンが表示されたりと、WordPressなどに近い感じで気軽にアップデートできるようになってます。

$ php app/console help mautic:update:apply

ただ、1.x系から2.x系へのアップデートに関してはどちらも絶対に使っちゃダメです。

リリースノートにもバッチシ「使うな」って書かれてます。

Our CLI command, php app/console mautic:update:apply WILL NOT WORK
https://github.com/mautic/mautic/releases/tag/2.0.0

これを知らずにアップデートを実行してしまうと、非常につらい思いをします。万が一やっちゃったという人は、Mautic1.4.1をぶっ飛ばしたときの復旧メモを参考に一旦復旧させましょう。というかアップデートはマジでバックアップとってからやりましょう

1.x系から2.x系へのアップデート方法

じゃあどうやってアップデートすれば良いのかですが、上記のリリースノートを読むと「このファイルを実行してくれ」という案内があります。

We have provided an upgrade script to use instead. Please download this script from https://raw.githubusercontent.com/mautic/mautic/master/upgrade.php, place in the root of your Mautic installation, and run it from CLI with php upgrade.php. It will fetch 2.0.0 and proceed to upgrade your Mautic installation.

https://github.com/mautic/mautic/releases/tag/2.0.0

こいつを使ってアップグレードしましょう。

実行した環境

今回は、Mautic Powered by AMIAGEで作られたMauticを使用しています。

実行ユーザーなどが異なる可能性がありますので、他の環境で実行される際はご注意ください。

実行コード

$ cd /var/www/html
$ sudo mv upgrade.php /tmp
$ sudo wget https://raw.githubusercontent.com/mautic/mautic/master/upgrade.php
$ sudo php upgrade.php
$ sudo chown -R apache:apache ./
$ sudo rm 2.1.1-update.zip